本文へスキップ

腎臓の専門医。医療法人社団 岡田じんクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.055-977-8915

〒411-0824 静岡県三島市長伏224-5

診療案内medical info

一般内科

内科的な疾患は様々な自覚症状があります。発熱、咳、喉の痛み、腹痛、頭痛、胸の痛み、動悸、嘔吐、下痢、血尿、便秘、倦怠感、体重減少など。これらは重大な病気の前兆であることもあります。お早めにご相談ください。

腎臓内科

腎臓では、「糸球体」という毛細血管の束と、これに続く「尿細管」という細い管とがセットになって、血液をきれいにしています。「糸球体」と「尿細管」のセットは「ネフロン」と呼ばれ、24時間働き続けています。
糸球体で血液を濾過し、尿細管で体にとって必要な成分を再び吸収します。この時、不要な成分は尿として排出されます。

腎臓の働きは、糸球体濾過量(GFR)という値で表します。GFRは糸球体で作られる原尿の量です。GFRの数字が小さいほど腎臓で尿を作る能力が低下していることになります。

腎臓には、尿を作ることで血液をきれいにする排泄・調整の働きと、血液を作ったり血圧を維持したりするホルモン分泌などの働きがあります。

CKDは、尿検査によるタンパク尿と、血液検査による血清クレアチニン値から算出したeGFR(推算糸球体ろ過量)によって診断できます。
eGFRとは、腎臓の働きを表すGFRを実際に計測するのは難しいため、血清クレアチニン値と、年齢、性別から推算式を用いて算出した値です。CKDの重症度を評価するために使います。
2つの検査を定期的に受け、CKDの発症と進行を見逃さないようにしましょう。

人工透析

■同時透析数 28名
■最大透析可能患者数 56名
■夜間透析あり(新規受入れなし)
■治療法 :血液透析

現在、三島市・函南町・清水町地域の送迎をしております。
送迎希望の方はご相談下さい。


透析患者様の自立や社会生活を援助する為に様々な社会保障制度があります。
ここでは透析患者様が使う、主な社会保障制度を紹介します。

■特定疾病療養受療証

透析のように長期に高額な医療費が掛かる特定疾病には、「特定疾病療養受療証」が交付されます。医療機関を利用する時、健康保険証と一緒に「特定疾病療養受療証」を提示すると、医療費の自己負担額が1ヶ月1万円(70歳未満の高所得者では2万円)になります。申請先は健康保険の保険者です。治療を開始したら、すぐに申請してください。

■身体障害者手帳
お住まいの市町村に申請すると、身体障害者手帳が取得できます。
身体障害者手帳が交付されると、以下のような福祉サービスを利用することができます。
福祉サービスは市町村により異なりますので、お住まいの市町村にお問い合わせ下さい。
・JRの普通料金
・運転免許取得費用の補助
・自動車取得税・自動車税の減免
・所得税・住民税の減免
・映画館の入場料の割引、など

■障害年金
年金加入中に、病気や怪我で障害が残った場合、障害年金が支給される可能性があります。ただし、申請には以下のような条件があります。
 
 @障害の原因となった傷病の初診日に国民年金または厚生年金に加入している。
 A一定期間の保険料の滞納がない。
 B障害認定日もしくは現在、法律に定められた障害の状態にある。

診療時間

 
受付 9:00〜
10:00〜12:00
×
受付 15:00〜
16:00〜19:00
× × ×

休診日・日曜日、祝祭日(血液透析の診療時間はお問い合わせ下さい。)

※一般内科及び腎臓内科の診療時間は、血液透析患者様の診察の後になります。
 また、血液透析患者様の急変時、診察を中断する場合があります。ご了承下さい。

OKADA JIN CLINIC医療法人社団 岡田じんクリニック

〒411-0824
静岡県三島市長伏224-5
TEL 055-977-8915
FAX 055-977-8927